新潟2

あらゆるところへ仕事やプライベートで行く機会があります。

それぞれの場所で新たな発見があり、それに気付けることがビジネスで重要と考えています。

弊社は滋賀県にあり、私も滋賀県生まれ滋賀県育ち。

誰もが1度は足を踏み入れたことがある滋賀県ですが魅力度はイマイチ。

それは何故なのか。その答えはとてもシンプルなのに、なぜか企画するお偉いさん方は気付いていません。

 

さて、新潟と言えば「米」。誰もがブランド米の魚沼産コシヒカリを頭に思い浮かべると思います。

その米で作られる日本酒が利き酒できる施設があり、新潟の主要駅にある「ぽんしゅ館」に行ってきました。

もう何種類あるか分からないレベルですが、これが利き酒できます。

入口で500円にてメダルを5枚購入します。

ほとんどの銘柄はメダル1枚で試飲できますが、中には7枚必要なプレミアム日本酒もあります。数は少ないですが梅酒やワインもありました。

こんな感じでぐい呑みをセットして、メダルを入れて黄色のボタンを押すと日本酒が出てきます。ちなみに、この久保田はメダルが4枚必要とありましたので飲んでいません(笑)

1つ1つ丁寧に説明書きがありとても参考になります。

本当に楽しい体験。

そして、気に入った日本酒を見つけたら、すぐに売店で購入出来るようになっています。

私はこのデリシャス長さんを購入しました。味と値段のバランスが絶妙。

日本人も多かったですが、外国人も多かった。

みんなとても楽しそうでした。

新潟の銘酒がたった500円で堪能できる体験型施設。本当に素晴らしい。

施設の奧には日本酒風呂がある銭湯がありました。もちろん入りましたよ。

新潟に触れ、見て、体験し、充実した時を過ごせました。

 

新潟

雪のちらつく2月の新潟。

例年に比べて雪が少ないそうですが、そんな風には思えない雪の塊があちらこちらにありましました。

 

さて今回は取引のある「エステーリンクさん」の工場見学をさせて頂きました。

実現できるかどうかはさておき、弊社も新工場の計画がありますので、その参考にさせて頂きたく無理言ってお願いしました。

あまりの広大な工場で弊社の猫の額ほどの工場とは全く異なる内容でしたが、スペースがあるということは、それだけ未来の可能性があることでもありますので、とても羨ましく思いました。お忙しい中で隅から隅までご説明を頂きました。

エステーリンクさん、本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

次に訪れたのが諏訪田製作所の工場です。SUWADA OPEN FACTORYとして公開された工場になります。爪切りなどで有名なあの会社です。

あらゆるものが黒を基調としています。

ユニフォームも黒で、白衣ならぬ黒衣で作業されていたのも興味深かったです。

やっぱり女性が活躍されていました。

 

工場をせっかく建設するのであれば、普通の工場じゃ無く、ちょっと他社とは一線を画するような工場にしたいですね。

夢物語で終わるのか、実現できるのか、頑張ってみたいと思います。

飛行機の速さ

私は自分で運転しない乗り物が苦手です。(電車を除く)

スキーのリフト、ジェットコースター、観覧車、下手なタクシー・・・

飛行機ももちろん苦手でした。

でも、最近はすっかり得意な乗り物になり、そのおかげで遠方でもどんどん行けるようになりました。

先日も新潟へ行ってきたのですが、この夢のような便利な乗り物は一体どれくらいのスピードなのでしょうか。

スピードを計測するアプリがありますので計測しました。

フライト中の速度はこれぐらいです。

ちなみに離陸時は280キロぐらいでした。

やっぱり速いですね。ワープの感じです。

 

で、この速さを地図アプリで見てみると下記になります。

youtube.com

異次元の速さでした。(当たり前ですが)

 

この速さ以外に飛行機ならではの風景が見られることもメリットになります。

北アルプス周辺の景色です。

この景色は飛行機からしか見られません。

 

もちろん夜景も綺麗です。

大阪市内の様子です。綺麗ですね。

 

人間なんてしょせんちっぽけな存在だと再認識させられます。

 

次回は新潟の様子を書いてみたいと思います。

大学からの依頼品

 

大学からの依頼品は実績の内容を公開することがほとんど出来ません。

なので、せっかく苦労して製作させて頂いても他の人にお目にかけることが出来ないのがとても残念です。

今回の製品は情報が開示されていますので、ブログに書かせて頂きます!

真ん中のアルミ部品を構想からお手伝いさせて頂きました。

本当に嬉しい限りです。

これからも頑張りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

www.nikkei.com

湯たんぽ

今年は随分と暖冬だそうで。

冬が苦手な私はそんなこと関係なく寒い。寒い。

体温の高い犬と一緒に寝ているのですが、これがとても暖かくもう離れては寝られないぐらいです。

暖冬とは言え特に寒い日があるのですが、そんな時に使い始めたのが「湯たんぽ」

とっても懐かしいレトロな外観ですが、直火でもIHで暖めることが出来たりと現代でも活躍できる要素を兼ね備えています。

欠点はちょっと重いこと。

でも屋外のイベントなんかでも持って行って温まっています。

とっても安くずっと使えます。

実はキャンプ用に買ったんですが、普段使いで大活躍です。

高校サッカー

長期連休はどこにも出かけない主義です。テレビもあまり見ません。

ですが、年末年始の時期だけはテレビをずっと見ています。

その中でも特に楽しみにしているのが「全国高校サッカー選手権」です。

18年前に野洲高校がセクシーフットボールで全国制覇してから、その魅力に取り付かれてしまいました。

今年は地元滋賀県近江高校が快進撃を続け、ついに決勝にたどり着いてくれました。

そのサッカースタイルは正に現代版セクシーフットボールです。

決勝の青森山田との対戦はフィジカルの差でスタミナを奪われ惜しくも敗北の結果になりましたが、失敗を恐れずに行うその発想力や大胆なポジショニングには感心させられました。

青森山田はすでに日本の強豪校として知られ、全国から次々に良い選手が集まってきます。

それに比べ近江高校は野球に関しては強豪校として有名ですがサッカーはまだまだ無名。そんな中で前田監督が集めたメンバーの能力を見極め、個々の能力とチームプレイを最大限に融合させて準優勝にまで導いたというのは偉業と言って良いと思います。

 

本当に楽しませてくれてありがとうございました。

胸を張って滋賀県へ戻ってきて下さい。

 

コロナ完治?

本日で発症からもう13日です。

昨日から出社しており、すっかり元気なのですが、なぜか夕方になると発熱します。

昨日も37.5℃ありました。

聞いたところ後遺症ではと言われているのですが、こんなに長引くなんて思いもしませんでした。

療養中はずっと仕事していましたし、睡眠も普段と変わらない(むしろ少なめ)だったからだと怒られたり・・・

そりゃ仕方ないよねというのが私の意見ではあります。

ただ、今年は発声障害になったりコロナになったり、他にもたくさん体の不調がありましたので、来年は休み方を学ぶ必要があるというのは感じています。

今以上にたくさんの時間を休むというのは不可能ですから休む質を向上させる。

禅とか瞑想が良いよと先人の知恵で教えて頂きましたが、確かに一理あると思います。

心を無にする修行をします。そう、ミスター・ポポのように・・・・

7日目

コロナ陽性となって本日で7日目。

本来なら昨日から元気に出社の予定でした。

 

症状がまだ続いていて昨日の夜にもまた発熱。

症状軽快とはならず本日も在宅ワークをしています。

 

0日目・・・喉のわずかな痛みと違和感。発熱38℃ぐらい。

1日目・・・高熱39.3℃

2日目・・・高熱は解熱剤で収まるが悪寒が走り関節痛

3日目・・・38℃ぐらいの発熱、喉の痛みがひどくなる。声が出ず話せない。

4日目・・・今まで体験したことの無い喉の痛み。唾液すら飲み込めない。

5日目・・・喉の痛みが続く。咳が出始める。熱は下がる。

6日目・・・喉の痛みと咳で寝られずでだったが、やっと5時間以上連続で寝られるようになった。何故か夜に発熱。

7日目・・・現在。ちょっと頭が痛いぐらい。喉の痛みもかなり収まる。

 

こんな感じです。

人によっていろいろだと思いますが、重症の方かも知れません。

様々な方々にご迷惑をお掛けしてしまっています・・・

 

ついにコロナ陽性

今までずっとかからずにいましたが、ついにコロナ陽性になってしまいました。いわゆる「初コロナ」ってやつです。

昨日の朝から喉の痛みと39.3℃の発熱がありまして、てっきりインフルエンザだと思っていたら何と!コロナでした!

 

この忙しい時期に・・・と怒られそうです。

 

仕事ですが、朝の4時から6時頃まで会社で換気しながらやった後、自宅で在宅勤務という形になります。

19日の火曜日~通常出社可能だそうです。

熱はもう下がりましたが、とにかく喉が痛いですね。他の人にうつさないよう気をつけます。

Zoom相談から研究機材を製作できます!

NPSでは、全国の大学や研究機関向けに、実験用機材の製作を行っております。

今回はある国立大学から、このようなものの製作依頼をいただきました。

 

SUS316L製のアームです。

下の丸い部分が開閉し、実験用の丸い板を保持することができます。

このまま溶剤に浸して使用するため、薬剤耐性に優れた316Lで製作しています

 

こちらは初めてご注文を頂く先生からのご依頼になりますが、お客様とZoom相談で内容を詰めていき、当社で図面を作成して製作を行いました。

NPSでは、このような複雑な製品でも、Zoom相談で細かくご相談ができます。

当社の金属加工サービスを、ぜひ実験にご活用ください!

 

Zoom相談については、こちらの漫画で詳しくご紹介しています。

 

軽トラ

軽トラといえば日本が誇る名車だと個人的には思っています。

もう生産終了してしまいましたが、ホンダの軽トラは特にリアエンジンでレーシーだった記憶があります。

滋賀県は田んぼも多いため軽トラを目にする機会は非常に多いのですが、なぜかうちの会社でも購入することになりました。

 

 

ホンダではなくスズキなのが残念ですが、このシンプルさが凄い。

インテリアはもっとシンプル。リクライニングなんて何?という仕様。

でも、圧倒的な軽さから雪道だろうが畦道だろうがどこでも走れて、荷物もたくさん詰めて、高速が乗れるという車。燃費も凄まじく良いです。

 

何という便利な車。

個人的には通勤車としても最強だと思います。リセールバリューも抜群。

でっかいミニバンで毎日空気を運んでいるあなた、通勤車を見直しするとお得ですよ。

最近だとアメリカでも人気と聞いたことがありますが納得ですね。

 

注:決して農業を始めたわけではありません。

料理

意外にも?料理が好きなんです。

好きと思わないとやってられないというのが正しいのかも知れません。

家族全体と会社を広い視点で見たときに私が料理をした方がトータルとしては効率が良いと思ってほぼ毎日料理をしています。

料理をしていますと、その調理道具の素晴らしさに感動したり、調味料の「さしすせそ」の意味や何で酒とみりんが入ってないねん!という疑問にぶち当たったり、ひとつまみとか少量という曖昧な量の表現に憤慨した初心者時代からの脱却を経験したり、「料理って結構適当よね」という変な悟りを開いたりすることが出来ます。

そう、もう初級は卒業しすでに中級ぐらいのレベルになったと過信しています。

先日はこんなものを作りました。

とても色合いが悪いのですが、イノシシの角煮です。

ちゃんと臭みを取るために下茹でしたり、水洗いしたり、合計で2時間以上煮込んでいます。圧力鍋を使えばいいやんという意見がありますが、まだ使い方が分かっていません。

 

同時にこんなものも作りました。

冬瓜と挽肉の煮物です。

この季節だと安くてボリュームのある冬瓜が良いですね。(コメントが中級者)

 

2つともとても美味しく出来ました。

男が料理?なんてことは今やもう昔の話。やってみたら面白いもんです。

地元のイベント

滋賀県草津市で毎年開かれている「イナズマロックフェス」に行ってきました。

今回でもう15回目なのに、、、地元民なのに、、、初めて行って来たのです。

 

娘に誘われて行った訳ですが、この歳になると単純にアーティストを見たいとか、夏フェスを楽しみたいとか、そういう目的では無くて、ビジネスとして社会貢献として果たしてどのような目的や位置づけで出来ているイベントなのか、そして15回もの回数を重ねるほどに成長したイベントとはどのようなものなのか確認するために行くことになります。。。それもどうかと思いますが。。。

滋賀県って歴史的にも位置的にも実は素晴らしく、そして自然や気候にとても恵まれた場所なのですが、観光PRが下手で名産品のPRもド下手で地元民としてはいつもヤキモキするほどなのですが、参加してみるとこのイベントはアーティストの活動を支えているだけで無く、地元企業の宣伝や売れないアーティストや芸人への機会創出、町おこしなど、様々な工夫があって総じて良く出来ていると感心しました。

周辺への環境配慮やゴミのリサイクルなども楽しく先進的に進められていました。

無料エリアだけでも充分に楽しめますが、それだけでなく有料チケットもかなり考えられており、VIPエリアは高額でありながら納得の内容。これも素晴らしい。

ちなみに私は一般エリアでしたが、それもよく出来ていました。

 

もちろん改善点や課題も参加者目線でいくつかありましたが、また西川くんがいつか解決してくれると思います。

 

何より3日間で13万人もの人が滋賀県に来てくれるだけで本当にありがたい!

これからも頑張ってください!!来年も参加します!!

青森県

プライベートですが青森県に行ってきました。

青森と言えば、ねぶた祭、りんご、にんにく、大間のマグロでしょうか。

 

温泉も素晴らしい泉質のところが多く、今回はそれを目的とした旅行でした。

実は個人的にもっと大きな目的は「47都道府県制覇」だったのです。

昔から旅行が好きでバイクで走り回っていましたが、東北だけ行かずじまいでした。

最近になって岩手、山形、秋田、福島を回れたので、最後の最後に青森県だけ残っていたんです。

やっと制覇できたことにとても嬉しく思いました。

 

そして・・・

プロペラ機にも初めて乗りました。

振動はありますが、手軽な飛行が出来るのでなかなか良いでは無いかと思いました。

ものづくりに携わっていると、飛行機という乗り物の完成度に驚きます。

凄い製品ですよね。